<能登女子高生殺害>後頭部を骨折 背後から襲い連れ去りか

<能登女子高生殺害>後頭部を骨折 背後から襲い連れ去りか

 石川県能登町の県立高校1年の女子生徒が殺害された事件で、女子生徒の後頭部の骨が折れていたことが21日、県警への取材で分かった。県警は、関与が疑われている信州大1年の男子学生(21)=事件後に交通事故死=に、背後から襲われて連れ去られ、その後殺害された可能性があるとみて調べている。

 県警によると、県立能登高校1年の池下未沙さん(16)は、部活動帰りだった10日午後6時半から約20分の間に、高校前のバス停付近から連れ去られたとみられている。同7時ごろ、男子学生の祖父宅だった能登町の民家で、首などを刃物で切り付けられて失血死した。

 バス停付近に角材があったことも県警への取材で判明した。県警は、角材で女子生徒を襲った後、車で連れ去った可能性もあるとみて慎重に調べている。付近には、女子生徒のかばんや携帯電話なども残されていた。

 男子学生が事件後に乗っていた車の助手席からは、女子生徒の血が付いた包丁も見つかっている。県警は、男子学生単独の犯行との見方を強めており、さらに経緯を調べる。【道岡美波】

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

社会の主要なニュース

社会のニュース一覧へ

19時10分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索