<富山の県立高校>3年生に2年生の授業 「逸脱した指導」

 富山県立水橋高校(富山市水橋中村)で、課題提出を怠った男子生徒(3年)に、2年生の授業を受けさせる不適切な指導があったことが21日、同校への取材で分かった。中田靖弘校長は「生徒が授業を受ける権利を奪ってはいけないし、とんでもない話。再発防止に努める」と謝罪した。同校は「逸脱した指導」として調査する方針。

 同校によると、課題の提出状況が悪かった生徒に、学年主任の50代の男性教諭と担任の30代の男性教諭が20日、それぞれ「2年か1年の授業のどちらかに出ろ」と指導。生徒は従い、本来の「社会と情報」ではなく、2年生の「英語」の授業に出席した。英語の授業を担当した20代の女性教諭も「事前に(この生徒が出席すると)聞いていたので、そういうものかと思った」と黙認したという。

 同校は、男性教諭2人の指導方法の理由を「調査中」としているが「いじめではない」としている。生徒は21日も登校したといい、受けられなかった科目は補充授業で対応する。【古川宗】

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

21時09分更新

社会のニュースをもっと見る

19時55分更新

経済のニュースをもっと見る

19時56分更新

政治のニュースをもっと見る

20時42分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

19時37分更新

エンタメのニュースをもっと見る

19時23分更新

スポーツのニュースをもっと見る

20時44分更新

トレンドのニュースをもっと見る

05時59分更新

仕事術のニュースをもっと見る

10時45分更新

生活術のニュースをもっと見る

15時00分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索