<東京・武蔵野市>ゾウ「はな子」のナンバープレート

<東京・武蔵野市>ゾウ「はな子」のナンバープレート

 東京都武蔵野市は、都立井の頭自然文化園(同市御殿山1)のシンボルだったアジアゾウ「はな子」をかたどったナンバープレートを作った。好物のリンゴを長い鼻でつかむ姿をデザインした。

 はな子は昨年5月、国内最高齢の69歳で生涯を閉じたが、ゾウ舎には今も死を悼む人たちが訪れている。長く愛されたはな子をモチーフに、今秋、市制施行70周年を迎えるのを記念して制作した。

 125CC以下のバイク用で、排気量に応じて白、黄、桃の3色を用意した。7月3日から交付を始める。市の担当者は「このナンバーで、はな子と歩んだ武蔵野市の70年を記念したい」。【福沢光一】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索