<博多金塊盗難>愛知の2容疑者起訴 計7人に

 福岡市博多区で昨年7月、警察官を装った男らに7億6000万円相当の金塊が盗まれた事件で、福岡地検は20日、愛知県長久手市の会社員、野口直樹(43)と同県日進市の無職、中垣龍一郎(40)の両容疑者を窃盗罪で福岡地裁に起訴した。この事件で起訴されたのは計7人。福岡、愛知両県警は他にも事件に関与した人物がいるとみて捜査している。

 起訴状などによると、昨年7月8日午前9時半ごろ、福岡市博多区博多駅東1のビル1階で、貴金属会社役員男性らに「警察、警察」と声を掛け、近くの貴金属店に売却する予定だった金塊160キロなどを盗んだとされる。地検は2人の認否を明らかにしていない。

 また、地検は20日、盗まれた金塊のうち90キロの売却に関わったとして盗品等処分あっせん容疑で逮捕され、処分保留で釈放されていた千葉県船橋市の貴金属会社役員(70)ら3人を不起訴とした。【宮崎隆、平川昌範】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索