<将棋>藤井四段ファンクラブ結成準備会 愛知・瀬戸

<将棋>藤井四段ファンクラブ結成準備会 愛知・瀬戸

 将棋の藤井聡太四段(14)が21日、公式戦連勝記録歴代1位タイの28連勝をかけ王将戦予選に臨むのを前に、地元の愛知県瀬戸市の古民家で20日夜、ファンクラブの結成へ向けた準備交流会が開かれた。参加した市民ら約60人は、記録達成へ「王手!」と声を上げ、駒を指すように2本の指を突き出し、対局を待つ藤井四段にエールを送った。

 藤井四段が連勝記録を伸ばすにつれ、地元では将棋教室への入門を希望する子どもが増え、瀬戸市が広報大使就任の打診を一時検討するなど、人気は高まる一方。20日は伊藤保徳市長も私人として顔を見せ、今後の応援を話し合った。

 一方で過熱気味のマスコミ取材など、中学校の学業両立への影響を懸念する藤井四段の母裕子さん(47)から「今は、そっと見守っていただけたらうれしい」とするメッセージが寄せられた。そのため、21日は勝った場合でも祝賀行事などを控えるという。

 会では講談師の旭堂鱗林(きょくどうりんりん)さん(43)が創作講談「藤井聡太物語」を披露したほか、藤井四段のイラストを描いた名古屋市在住の落語家兼漫画家、雷門獅篭(かみなりもんしかご)さん(45)とのトークも行われた。【花井武人】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索