<「見た目」問題>個性を漫画で描く プラスにとらえ社会へ

 「見た目問題」を抱える当事者たちの中には、世間の根強い偏見など過酷な経験をした末、引きこもりになったり、自暴自棄になったりする人も少なくない。だが、自身の努力や周囲の支援を通じ、「見た目」をプラスにとらえて社会を歩む人もいる。

 ◇個性を漫画で描く 口唇口蓋裂「タガッシュ」さん

 ペンネーム「タガッシュ」さん(21)=埼玉県=は、生まれつき「口唇口蓋裂」の症状で、幼い頃から「つ」をうまく発音できなかった。唇の真ん中に隙間(すきま)があり、鼻と口の間の骨がなかったからだ。

 奥歯でかむ食事は時間がかかり、小中学校の給食は人よりも遅かった。手術の影響で鼻がつぶれていたこともあり、級友にからかわれた。中学卒業まで、教室の中から外を眺め「飛び降りたら楽になるかな」と、何度も思ったという。

 鼻を整形したり、腰の骨を口と鼻の間に移植したりする手術を9回、受けた。折れそうな心を、いつも家族が支えてくれた。母親は外国の英文サイトまで調べ、症状の治療に役立つ情報なら何でも集めてくれた。

 転機は工業高校への進学だった。絵を描くのが好きで、デザイン科を選んだ。そこで出会ったクラスの仲間たちが、価値観を180度変えてくれた。仲間は絵やデザインを含め、皆「やりたいこと」が明確で、誰も外見など気にしないふうだった。「居場所」を見つけた安心感より、むしろ「もっと個性を出さないと」と、焦りさえ覚えた。

 自分の中で眠っていた積極性が開花した。ヘビーメタル好きが高じてロックバンドを組んだり、同人誌のイベントに漫画作品を持ち込んだり。好きなことに打ち込む日々を過ごすうち、症状と向き合う余裕ができ、「見た目問題」をテーマにした漫画の制作を始めた。

 登場するキャラクターは十人十色。やけどの痕や大きなアザの持ち主、両腕両足がない人や同性愛者……。多様な個性を持ったキャラクターの何気ない日常や内面の成長を、今も描いている。

 歯の矯正など定期的な通院はしている。ただ、自分の中に、症状を悲観する気持ちはもうない。「どんなに少数でも、同じことが好きな人は必ず見つかる。そうしてできたつながりは人生を変えてくれる」と信じているから。【飯田憲】

 ◇口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)

 生まれつき唇や上あごに裂け目がある症状で、歯や歯茎が欠けていることも多い。手術で裂け目を縫合し、歯の欠損部には骨盤の一部などを移植する。国内では500人に1人が、この症状で出生するとされる。

 ◇私から積極的に話す 単純性血管腫 三橋雅史さん

 三橋雅史(みつはしまさふみ)さん(35)=千葉県=は、生まれた時から「単純性血管腫」の症状で顔の左側の目から頬にかけて赤いアザがある。幼い頃から、すれ違う人にじろじろ見られたり、「気持ち悪い」と言われたりした。「前世で悪いことをしたからだ」。根拠もないのにそんな迷信じみた言葉を口にする大人もいた。

 小学校時代は友人もいたが、中学、高校と進むにつれ、他人とうまくコミュニケーションがとれなくなっていった。自分から他人に関わろうとしないから、相手も近づいてこない。悪循環で孤独が深まった。

 大学に進んだものの、1年で中退。約半年間、家に引きこもった。真っ暗な心のトンネルをさまよった末、「死んだつもりで生き直してみよう」と覚悟を決めた。始めたのは、新聞配達のアルバイト。働く中でお金がたまり、体力がついた。そして、テレビ番組の影響で、自宅から沖縄の海を目指す自転車一人旅を計画した。約半年にわたる旅では多くの人たちから話しかけられ、他人との交流が楽しくなっていった。夜はほとんど野宿し、多くの路上生活者と出会った。「こういう人たちを助けられたら……」。福祉の仕事に就こうと決心した。

 旅を終えると、勉強をやり直し、23歳の時に再び大学へ。ボランティアサークルに入って仲間を作り、就職活動では「見た目」をアピールした。「自分には苦しい人の立場が痛いほど分かる。だからこそ寄り添える」

 民間企業を経て、現在は地方公務員として念願の福祉の仕事に就き、生活保護を担当する。今も偏見への恐怖は消えてはいないが、他人に関わることにためらいはない。「相手も、自分の顔を見て、どうしたらいいか分からないと思う。だから、私から積極的に話しかけていく」【平塚雄太】

 ◇単純性血管腫

 「ポートワイン血管腫」とも言われる。生まれつき、均一でむらのない赤・ピンク・紫のアザが、顔や首、手足などにある症状。レーザー治療が一般的だが、完全に消えない場合もある。

………………………………………………………………………………………………………

 「見た目問題」の解決や社会への認知を目指して活動しているNPO法人「マイフェイス・マイスタイル」(東京都墨田区)は、患者会などの情報を提供したり、カウンセラーを紹介したりしている。問い合わせは、ホームページ(http://mfms.jp/)の「お問い合わせ」フォームへ。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索