<青色ザリガニ>脱皮後、確認 栃木の昆虫館

<青色ザリガニ>脱皮後、確認 栃木の昆虫館

 栃木県那須塩原市中塩原の箱の森プレイパークにある昆虫館「自遊館童夢」館長の君島章男さん(60)が先月、同市内で体色が青みがかったアメリカザリガニを見つけた。アメリカザリガニはこげ茶褐色が一般的で青色は珍しいという。

 君島さんによると、市内の鳥野目地区で実施した水生生物調査で発見したという。当初は茶色とみられていたが、11日に脱皮したところ、体全体が青みを帯びていることが確認されたという。

 体長は約6センチで生後半年ほど。君島さんは「青色ザリガニを確認したのは初めて。色素の異常とみられるが、成長しても青色なのか観察して確認したい」と話している。

 このザリガニは昆虫館で展示している。問い合わせは同館(0287・32・3018)。【柴田光二】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索