<死体遺棄>ペルー人容疑者を起訴 傷害致死は保留 津地検

 三重県四日市市のアパート駐車場で8月に女児の遺体が見つかった事件で、津地検四日市支部は11日、傷害致死容疑で再逮捕されていたペルー国籍の無職、トクダ・バレロ・フェルナンド・ホセ容疑者(36)=同市大治田3=を死体遺棄罪で起訴した。傷害致死容疑は処分保留とした。処分保留の理由について津地検は「さらに捜査を継続する必要があると判断した」とコメントした。

 起訴状によると、トクダ被告は8月20〜29日ごろ、自宅アパートで、内縁の妻(26)の次女でブラジル国籍のナガトシ・ビアンカ・アユミさん(当時6歳)の遺体をタオルケットなどで包み、プラスチック製ボックスに入れて南京錠をかけ、駐車中の乗用車に運び入れて遺棄したとされる。【山本萌】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索