<野々市市>「立ち上がること」呼びかけポスターを制作

<野々市市>「立ち上がること」呼びかけポスターを制作

 年齢を重ねても住み慣れた自宅や地域で元気に暮らしてもらおうと、石川県野々市市と市老人クラブ連合会は、健康増進と介護予防のため「30分に1回は立ち上がること」を呼びかける「STAND UP301(スタンドアップ・サンマルイチ)」啓発ポスターを制作した。市内のお年寄りたちが協力し、普段の生活で意識して立ち上がる場面をノリノリで紹介している。

 市によると、座りっぱなしで足の筋肉を使わない生活は、代謝機能と血液の流れに異常をきたす可能性があり、心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞、糖尿病などのリスクが高まるとの研究結果もあるという。

 老人クラブは今年5月に「STAND UP301」を宣言。クラブの会合の合間にみんなで立ち上がる時間を設け、敬老会でも普及活動をしてきた。

 ポスター制作もその一環。「どんな時に立ち上がればいいのか分かりにくい」との声がメンバーから上がったため企画した。B3サイズで、老人クラブのメンバーがモデルを務めた。拍手の時も立ち上がる▽発言も率先して立ち上がる▽楽しい時間も立ち上がる▽テレビの合間も立ち上がる▽避難中も心を一つに立ち上がる−−の5パターン。「避難中」は、熊本地震で車中泊を余儀なくされた人にエコノミークラス症候群が多発したことを踏まえ、取り入れることにした。

 ポスターは市内の公共施設や町内会で掲示する。市地域包括支援センターの池上森彦主査は「ジョギングなどの運動が続かない人でも、日常生活で取り入れられる。老人クラブの宣言だが、若い世代にも普及していきたい」と話した。【道岡美波】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索