<糸魚川大火>元ラーメン店主に有罪判決 新潟地裁支部

<糸魚川大火>元ラーメン店主に有罪判決 新潟地裁支部

 昨年12月に新潟県糸魚川市で発生した大火で、業務上失火罪に問われた火元のラーメン店の元店主、周顕和被告(73)に対し、新潟地裁高田支部(石田憲一裁判長)は15日、禁錮3年、執行猶予5年(求刑・禁錮3年)の判決を言い渡した。弁護側は控訴しない方針。

 石田裁判長は「過去最大規模の火災で被害の程度は甚大。注意義務違反は著しいが、強風が延焼範囲を広げたという偶発的な事情もある。社会で償いと更生の機会を与えるのが相当」と述べた。

 判決などによると、周被告は昨年12月22日、店の厨房(ちゅうぼう)でタケノコと水の入った鍋をガスコンロの火にかけたまま休憩のため帰宅。鍋から発火させ、隣家に燃え移らせるなどした結果、全焼120棟を含む計147棟を焼損させた。

 火災はJR糸魚川駅前の木造密集地約4万平方メートルを焼き、午前10時20分ごろの発生から鎮火まで約30時間かかった。消防団員ら17人が負傷した。周被告は大火直後から自身の過失を認め、新聞折り込みで謝罪文を配るなどしていた。【南茂芽育、後藤結有】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索