<福井・恐竜博物館>「よろい竜」化石を発見

<福井・恐竜博物館>「よろい竜」化石を発見

 ◇白亜紀前期地層から歯2点 よろい竜で国内最古

 福井県勝山市の県立恐竜博物館は15日、同市内にある白亜紀前期(約1億2000万年前)の地層「手取層群北谷層」から、草食恐竜「よろい竜」の歯の化石2点が見つかったと発表した。国内のよろい竜の体の化石としては最古。うち1点は根元部分まで残っており、同館は「今後、あごなど他の部分の化石も見つかる可能性がある」と期待している。

 歯化石は長さ24ミリ、幅5.5ミリ、厚さ3.5ミリのものと、長さ10ミリ、幅6ミリ、厚さ3ミリのもの。先端部分がよろい竜特有のノコギリ状になっている。歯の根元に帯状の突起「歯帯(したい)」があり、よろい竜のうちノドサウルス科とみられる。

 よろい竜は約1億6000万〜約6600万年前に北半球に広く分布。体長6メートルほどで、骨質のこぶ「装甲板」で覆われていた。

 国内では▽北海道夕張市▽兵庫県丹波市▽長崎市−−など計6カ所で歯や足跡などの化石が見つかっている。

 同じ地層からはフクイサウルスなど6種類の恐竜化石が見つかっている。同館の東洋一(あずま・よういち)特別館長(68)は「ノドサウルス科の地理的分布や進化を理解する貴重な証拠になる」と語った。【大森治幸】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索