<ICAN>「長崎、最後の被爆地に」フィン事務局長が献花

<ICAN>「長崎、最後の被爆地に」フィン事務局長が献花

 長崎に滞在している、昨年のノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(35)は13日午前、長崎市松山町の爆心地公園で献花し、原爆死没者を追悼した。その後、近くの長崎原爆資料館を見学した。

 フィン事務局長は、長崎大核兵器廃絶研究センター(RECNA)の招きで初来日した。爆心地公園では、原爆落下中心地碑の前に花輪をささげた。原爆資料館では、中村明俊館長の説明を受けながら、被爆の実相を伝える資料を見て回った。

 フィン事務局長は資料館訪問後、「深く心を動かされた。長崎が最後の被爆地とならなければいけない」と語った。【加藤小夜】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索