<独ベンツ製>はしご車公開 名古屋港ふ頭で

 1935年に名古屋市の中消防署に配置され、世界でも現存するものは珍しいとされる独メルセデス・ベンツ社製造のはしご車が13日、名古屋港ガーデンふ頭で公開された。

 市消防局によると、高層化が進む中心部での体制強化のため導入された。当時は国産はしご車が無かった。68年まで使われた後、市消防学校で教材などとして活用された。2010年、老朽化で自走できなくなり、学校で保管されていた。

 「名古屋の宝として復活させよう」という声があり、16年から中日本自動車短大(岐阜県坂祝町)の協力を得て修復してきた。まだ自走はできないが、手動式サイレンを鳴らせるようになり、今回の公開となった。市消防局では「来年の出初め式までには自走できるようにしたい」としている。

 同短大で修復に携わる加納頌太(しょうた)さん(21)は「塗り直してきれいになったはしご車を見て達成感がある」と話す。

 14日も午前9時半〜午後2時、公開する。【道永竜命】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索