<強い寒気>日本海側中心に大雪 路面凍結や交通警戒を

<強い寒気>日本海側中心に大雪 路面凍結や交通警戒を

 13日は冬型の気圧配置が強まり、北陸の上空約5500メートルに氷点下36度以下の強い寒気が流れ込み、日本海側を中心に大雪となった。14日明け方まで寒波は続く見込みで、気象庁は路面凍結や交通への警戒を呼びかけている。

 13日午後4時現在の積雪の深さは、福井県大野市貝皿156センチ▽石川県加賀市山中温泉菅谷町83センチ▽富山県高岡市伏木82センチ▽滋賀県長浜市余呉町76センチ−−などだった。

 14日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、石川、福井両県25センチ、富山県15センチ。多い所で近畿北部の山間部で30センチ、平野部で20センチ、近畿中部の平野部でも10センチの降雪が見込まれている。

 気象庁によると、14日の日中は高気圧に覆われて各地で晴れ間が広がり、寒さが緩む見込み。【藤顕一郎】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索