<陸自ヘリ墜落>民家1棟で新たに屋根などの一部破損確認

<陸自ヘリ墜落>民家1棟で新たに屋根などの一部破損確認

 佐賀県神埼(かんざき)市の民家に陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが墜落した事故で、陸自は15日、墜落現場近くの民家1棟で新たに屋根や雨どいの一部が破損しているのを確認した。飛散したヘリの部品が当たったとみられる。

 事故では墜落現場の民家や小屋計3棟が焼け、これまでに周辺約200メートルの範囲内の民家7棟で、部品が屋根を貫通するなどの被害が確認されていた。周辺の被害は8棟になった。

 陸自トップの山崎幸二陸上幕僚長は同日の記者会見で「誠心誠意、補償をしていくよう調整する」と述べた。【前谷宏】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索