<カワウミヘビ>沖縄・名護で捕獲の魚、国内で初確認と判明

<カワウミヘビ>沖縄・名護で捕獲の魚、国内で初確認と判明

 沖縄県名護市の源河川(げんかがわ)で京都市在住の親子が昨年捕獲した魚が、国内で初確認となるウナギ目ウミヘビ科の「ラムノストマ・ミンドラム」と判明した。沖縄美(ちゅ)ら海(うみ)水族館(沖縄県本部町)を運営する財団が調査し、発表した。世界的にもフィリピンなどで過去5件しか発見例のない魚で、今回が北限記録という。ウミヘビ科の魚類だが、河川で見つかったため財団は和名を「カワウミヘビ」とした。

 京都市左京区の会社員、新谷哲也さん(53)と次男隼平さん(11)が昨年6月、旅行で訪れた源河川で魚捕り中に捕獲。見たことのない姿で、新谷さんは「外来種かもしれず逃がさない方がよい」と判断して持ち帰った。色がハモ、顔はウツボに似ていたことから親子で「ハモウツボ」と名付け、財団に飼育方法などを相談。同年10月ごろに死んだが、未確認種の可能性があることが分かり、魚を財団に提供していた。

 財団によると、「ラムノストマ・ミンドラム」は1908年にフィリピンのミンドロ島で初めて確認され、その後ニューギニア島や台湾などでも見つかっている。今回の個体は体長62.6センチと最も大きく、淡水域としても初確認。南方の海から黒潮に乗り、源河川まで漂ってきた可能性が高いという。

 財団はこのほど、沖縄周辺の動物分布などを扱う学術誌「ファウナ・リュウキュウアナ」に論文を掲載。財団総合研究センターの岡慎一郎・動物研究室係長(42)は「沖縄の生物多様性を示すものだ。一般の人が発見したことも意義深く、生物の保全にも注目が集まれば」と期待する。

 隼平さんは「日本で初めてのものを捕まえられてうれしい。将来は魚の研究者になりたい」と笑顔を見せた。【大東祐紀】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索