<将棋>「藤井七段昇段おめでとう」地元商店街が祝福

<将棋>「藤井七段昇段おめでとう」地元商店街が祝福

 藤井聡太六段(15)が七段昇段を懸けて対局した18日、地元の愛知県瀬戸市では、商店街がパブリックビューイングなどのイベントを実施。午後9時ごろ、勝利が決まると市民らは「やったー」と会場で歓声を上げ、「藤井聡太君七段昇段おめでとうございます」などと書いたフラッグをアーケードにつるし、祝福した。

 約50店舗が軒を連ねる同市朝日町の銀座通り商店街は、振興組合(河本篤理事長)の有志が空き店舗にパソコンを持ち込み、対局のネット中継をスクリーンに投影。その向かい側にある店舗のシャッターには、手作りのジャンボ将棋盤(縦1.5メートル、横1.3メートル)を取り付け、アマチュア棋士が対局の様子を解説し、商店主や買い物客らが見入った。

 ブティック「ノベルーガ」店主の飯島加奈(かな)さん(37)は、「連勝記録を29に更新した昨年6月から、商店街を挙げて応援しています。藤井さんを少しでも後押しできたらうれしい」と話す。同市を中心とするコミュニティーFMラジオ局「ラジオサンキュー」の牧治社長(62)は「この調子で、今年度中にタイトルを獲得して」などと喜びを語った。【花井武人】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索