<スペシャルオリンピックス>中部空港で100日前イベント

<スペシャルオリンピックス>中部空港で100日前イベント

 知的障害者のスポーツ大会「スペシャルオリンピックス」の夏季国内大会が9月に愛知県で開かれるのを前に、100日前イベントが14日、同県常滑市の中部空港で行われた。

 大会会長で女子マラソン五輪メダリストの有森裕子さんらが参加し、開幕までの日数を表示する高さ約2メートル、幅約1.5メートルのカウントダウンボードを除幕した。出場選手を代表し、同県瀬戸市出身で男子陸上5000メートルの小川真輝選手が「最高の思い出になるよう、精いっぱい頑張ります」と決意を述べた。ボードは終了後、3階出発ロビーに置かれた。

 大会は9月22〜24日に県内9会場で陸上や水泳など13競技が実施され、選手約1000人が出場する。アラブ首長国連邦のアブダビで来年開かれる夏季世界大会の代表選考を兼ねる。世界大会は約170カ国・地域が参加し、夏季、冬季の大会がそれぞれ4年ごとに開かれる。【林幹洋】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索