<殺人>73歳男性、自宅で遺体で発見 複数の刺し傷 広島

 広島県呉市の無職、藤下正己さん(73)方で12日午後3時15分ごろ、近所の住民から「異臭がする」と通報を受けた県警広署員が、藤下さんの遺体を発見した。司法解剖の結果、胸部に複数の刺し傷があり、県警は14日、殺人事件と断定し、広署に捜査本部を設置した。

 県警によると、藤下さんは1人暮らし。遺体は浴室で服を着た状態で見つかり、一部白骨化して死後約1カ月が経過していた。胸部に刃物で刺された複数の刺し傷があり、死因は失血死とみられる。玄関は無施錠だった。

 県警は周囲でトラブルや不審な人物の目撃情報がないかなどを調べている。現場はJR呉駅の東約4キロの住宅街。【小山美砂、隈元悠太】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索