<新潟・高3自殺>複数生徒から嫌なあだ名、SNSで中傷も

 ◇校長と県教育委員会の担当者が記者会見で発表

 新潟県立高3年の男子生徒(17)がいじめを受けたことを示唆するメモを残して自殺した問題で、校長と県教育委員会の担当者が12日、記者会見し、男子生徒が校内の複数の生徒から嫌なあだ名で呼ばれたり、会員制交流サイト(SNS)上で中傷されたりしていたと発表した。期間は今年5〜6月で、生徒からいじめ被害の訴えなどはなかったとしている。県教委は今後、第三者委員会で自殺との因果関係などを調査するとしている。

 校長らによると、男子生徒は6月27日朝、通常通り自宅を出たが学校を欠席。家族が捜索願を出し県警などが捜した結果、28日正午過ぎに遺体で発見された。生徒のスマートフォンにいじめを受けたとの趣旨の書き込みがあったほか、自室に書き置きもあったという。

 生徒は3年生になって以降、欠席はほとんどなく、教室でも友人と会話するなど普段通りだったという。

 自殺後、同校が3年生や教職員らに聞き取り調査をした結果、学校は5〜6月に校内でこの生徒へのいじめがあったと確認した。いじめの具体的な内容などについては「遺族の意向がある」として明らかにしていない。【井口彩、南茂芽育】


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索