<西日本豪雨>不明の犬1匹を保護 福岡

<西日本豪雨>不明の犬1匹を保護 福岡

 福岡県筑紫野市の山中の老犬保護施設付近で、豪雨による土砂崩れに巻き込まれた同県宇美町の山崎ツギ枝さん(68)とともに犠牲になったとみられていた犬1匹が14日、施設近くの山中でボランティアの男性によって保護された。

 施設にいた3匹の犬の世話をしていた山崎さんは6日、避難途中に土砂に巻き込まれた。施設を運営する長澤由起子さん(67)は9日、消防隊員とともに犬を保護しに山中に入ったが見つからなかった。長澤さんは「3匹とも土砂で流されてしまった」と諦めていたが、14日に消防とは別のルートから捜しに入った男性が、3匹のうち雄犬の「くう」を発見した。

 施設が提携している動物病院に運ばれたくうは衰弱していたがケガはなく、長澤さんは「無事で良かった」と喜んだ。福岡県獣医師会の災害派遣獣医療チーム(VMAT)が近く他の2匹も捜索する予定。【末永麻裕】


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索