東京都教育委員会の藤田裕司教育長は23日、都の新型コロナウイルス対策会議で、政府の要請を受け3月2日から続けている都立学校(都立高校、中高一貫校など)の一斉休校措置について、春休み終了後の新年度から解除する方向で準備を進めると明らかにした。

 都教委は「休校中の3週間で、学校に起因する感染者は都内で出ておらず、休校前の学校での感染予防策は事実上、効果を上げている」と説明した。

 政府が近く発表する学校再開のガイドラインを参考に、都も26日をめどに学校での感染予防の指針を公表する。【大久保昂】