東京・新橋の土地所有者になりすまし、土地を勝手に売却したとして、警視庁捜査2課は25日、東京都品川区南大井、無職、内田マイク被告(66)=詐欺罪などで1審・懲役12年、控訴中=ら男女5人を詐欺や電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑などで逮捕したと発表した。

 他に逮捕されたのは、住所・職業不詳、江部勝幸(60)▽神奈川県横須賀市大滝町、無職、喜田泰寿(62)▽東京都中央区晴海、無職、大塚洋(56)▽東京都豊島区長崎、無職、秋葉紘子(76)――の4容疑者。内田、秋葉両容疑者は大手住宅メーカー「積水ハウス」が約55億円をだまし取られた地面師事件に関わったとして逮捕、起訴されている。

 逮捕容疑は2015年4月下旬ごろ、偽造パスポートを使うなどして港区新橋の土地約160平方メートルを所有する当時50代の女性になりすまし、千葉県の海運会社から土地購入代金の一部として現金3000万円をだまし取ったうえ、法務局で虚偽の所有権移転登記をしたとしている。内田容疑者は容疑を否認している。

 同課によると、秋葉容疑者が地主のなりすまし役で、内田容疑者も契約の際に同席していた。【岩崎邦宏】