第69期大阪王将杯王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王将特別協賛、囲碁・将棋チャンネル協賛)を4勝3敗で制し、2連覇、通算4期目の王将位を獲得した渡辺明王将(35)は第7局から一夜明けた27日朝、対局場の新潟県佐渡市の佐渡グリーンホテルきらくで「内容の濃いシリーズだった。棋王戦と合わせ二つとも防衛できたのは最高の結果です」と笑みを浮かべた。

 渡辺王将は4月8日に開幕する第78期名人戦七番勝負で豊島将之名人(29)に挑む。「何度も戦っている相手なので、作戦を練るより自分のコンディションを整えたい。1月から緊張が続いたので月末まではゆっくり過ごし、リフレッシュします」と話した。【丸山進】