水族館「志摩マリンランド」(三重県志摩市阿児町神明)で、映画「小さき勇者たち〜ガメラ〜」に出演したケヅメリクガメの赤ちゃんが相次いで誕生している。ツイッターに動画をアップすると、視聴者から「メロンパンみたい。かわいい」との声が相次いでいる。同水族館でケヅメリクガメがふ化するのは初めて。【林一茂】

 両親となるケヅメリクガメのカップルはセイラ(雌)とソラ(雄)。セイラは2006年に映画でガメラの赤ちゃん「トト」として出演。撮影終了後に同水族館に贈られた。ソラは12年に越前松島水族館(福井県坂井市)から寄贈され、それぞれ体重三十数キロに成長した。

 セイラが産み落とした卵は、30度に設定したふ卵器でふ化を促し、3月の第1グループは7匹、5月の第2グループも4匹が無事、誕生した。6月の第3グループは、温めていた21個の卵から23日に殻を破って1匹が生まれた。殻の一部に穴が開いており、7匹の誕生を見込んでいる。

 第1グループは体長7〜8センチに成長。段差を転がり落ちる動画をツイッターにアップし、これまでに11万3000回を超すアクセスが殺到した。7月中旬に一般公開を予定している。動画は志摩マリンランドの公式ツイッターからアクセスできる。