新型コロナウイルス感染症対応に奮闘する医療従事者への敬意と感謝を込め、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」がある熊本県宇城、荒尾両市と、福岡県大牟田市の3市で、それぞれの構成資産をブルーにライトアップしている。

 ライトアップは▽三角西港浦島屋(宇城市)▽万田坑(荒尾市)▽宮原坑(大牟田市)――の3カ所。三つの資産が同一エリアにあり、世界遺産登録5周年も記念して企画された。登録日の7月8日まで毎晩照らす。 

 点灯時間は万田坑と宮原坑が午後7時半〜9時半、浦島屋が同7〜10時。青く染まった施設が闇夜に浮かび上がり、幻想的な雰囲気を醸し出している。【山本泰久】