東海地方は29日、高気圧に覆われて気温が上昇し、名古屋市では最高気温が31.5度を観測し真夏日となった。同市の6月の真夏日は15日目となり、76年ぶりに最多記録を更新した。

 各気象台によると、最高気温は岐阜市で31.7度、津市で30.8度。6月の真夏日の日数は岐阜市で17日、津市で6日。岐阜市は28日に126年ぶりに記録した最多日数を29日、さらに更新した。

 強い日差しが照りつけるJR名古屋駅周辺(名古屋市)では、汗を拭うサラリーマンや携帯型の扇風機で涼を取る若者の姿が見られた。【町田結子】