静岡市は清水区銀座の住宅で特定外来生物の「セアカゴケグモ」が発見されたと発表した。セアカゴケグモはかまれると、痛みや吐き気などの症状が出るため注意が必要だ。気温が上がる夏ごろに活動が活発になり、例年6〜10月にかけて通報が増加するといい、市は注意を呼びかけている。

 20日に市民から通報があった。22日に市職員が現場の付近を捜索したが見つからなかったものの、発見時に撮影した写真を専門家が確認して、セアカゴケグモと判明した。

 セアカゴケグモは体長が約1センチ。光沢のある黒色の体に赤い模様がある点が特徴だ。メスは神経毒がある。プランターの裏や側溝の中など、薄暗い所を好むという。

 市は「目に触れる機会が増える時期。見つけても素手で触らず、かまれた場合は皮膚科を受診してほしい」と呼びかけている。【大谷和佳子】