<G20>保護主義対抗文言なし「問題ない」 菅官房長官

 菅義偉官房長官は21日の記者会見で、主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の共同声明に、従来盛り込まれてきた「あらゆる形態の保護主義に対抗する」という文言が盛り込まれなかったことについて「問題ない」との認識を示した。

 文言は米国が強く反対したため見送られ、「米国第一」を掲げるトランプ政権の意向が反映された格好となった。菅氏は声明について「為替レートの過度な変動や無秩序な動きが経済、金融の安定に悪影響を与えるという点を再確認できたのは大きな成果だ」と評価。そのうえで「G20は(声明に盛り込まれた)『経済に対する貿易の貢献の強化』に取り組んでいく点で一致している。自由貿易の重要性は共有されたと思っている」と語った。【田中裕之】

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

政治の主要なニュース

政治のニュース一覧へ

19時00分更新

政治のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索