<地方消費税>小池都知事、見直し反対の要請書

 東京都の小池百合子知事は14日、野田聖子総務相と総務省で会談し、政府が進める地方消費税の配分方法の見直しについて「大都市から税収を収奪することを意図した不合理なもの」と反対する要請書を手渡した。

 要請書は大阪府の松井一郎、愛知県の大村秀章両知事との連名で、両府県の副知事らも同席した。

 地方消費税は各地の消費額を重視し都道府県に配分する仕組みで、本社機能が集中する都市部が有利になる仕組みになっている。政府は地方間の格差を少なくするため、配分を決める基準のうち、人口比の比重を増やすことで地域間の格差を和らげたい考えだが、東京都など都市部にとっては大幅な税収減につながりかねない。

 小池氏は見直しについて「地方分権の考え方に逆行する」と批判。野田氏は「今決まったものはない。乱暴なことはしない」と返答した。【松倉佑輔】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索