<安倍首相>ロヒンギャ問題「深刻に懸念」

 【マニラ朝日弘行】安倍晋三首相は14日夕(日本時間同)、マニラでミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問兼外相と会談した。首相はミャンマー・ラカイン州の少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の難民化問題について「ラカイン州の状況を深刻に懸念している」と述べ、法に従った治安回復や避難民の帰還を実現するよう求めた。そのうえで「日本政府は、状況改善のための取り組みを最大限、後押しする用意がある」と伝えた。

 これに対し、スーチー氏は、日本からの協力に謝意を示し、「人道支援、道路、電力分野の支援などはラカイン州の平和と安定に資するものだ」と述べた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索