<日エストニア首脳会談>安倍首相「日バルト協力対話」提案

<日エストニア首脳会談>安倍首相「日バルト協力対話」提案

 【タリン松倉佑輔】安倍晋三首相は12日午後(日本時間12日夜)、エストニアの首都タリンに到着し、ラタス首相と首相府で会談した。安倍首相は日本とバルト3国がサイバーセキュリティーや物流、医療などの分野で定期的に協議する「日バルト協力対話」の創設を提案し、ラタス氏は歓迎した。

 エストニアはIT先進国として知られ、2008年に北大西洋条約機構(NATO)のサイバー防衛協力センターを誘致した。日本は20年東京五輪・パラリンピックに向け国内のサイバー対策を強化する方針で、安倍首相はラタス氏に「ITやサイバーをはじめ幅広い分野で連携を一層強化したい」と呼びかけた。

 協力対話は18年度から年1回の開催を想定している。

 安倍首相はラトビア、リトアニア、ブルガリア、セルビア、ルーマニアも歴訪する。日本の首相が今回の6カ国を訪問するのは初めて。エストニアを除く5カ国は北朝鮮と国交があり、首相は各国との首脳会談を通じて、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮包囲網を強化する。日本の商社やIT企業など31社が首相に同行している。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索