<太宰府市長選>失職の前市長、一転出馬取りやめ

 市議会の2度の不信任決議で昨年12月に失職した福岡県太宰府市の前市長、芦刈茂氏(68)は13日、同市長選(21日告示、28日投開票)に立候補しないことを表明した。再選を目指して準備を進めていたが、13日にあった市民団体主催の立候補予定者討論会に参加し、一転、出馬取りやめを明らかにした。

 同市長選には、前市教育長の木村甚治氏(64)と元衆院議員の楠田大蔵氏(42)が立候補を表明している。芦刈氏を加えて、三つどもえの争いになるとみられていた。

 討論会後の記者会見で、芦刈氏は、不出馬の理由について「楠田氏に市民・改革派を一本化し、私なりの責任を果たすべきだと考えた」と述べた。【勝野昭龍】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索