立憲民主党など野党は16日、国会内で国対委員長会談を開き、公職選挙法違反(運動員買収)容疑で広島地検から事務所の家宅捜索を受けた自民党の河井克行前法相(衆院広島3区)と、妻で同党の案里参院議員(広島選挙区)らについて、政治倫理審査会(政倫審)での説明を求める方針で一致した。

 両氏は15日夜、それぞれ東京都内で記者団の取材に応じたが「捜査中」を理由に詳細を説明していない。立憲の安住淳国対委員長は会談後、記者団に「(両氏の取材対応は)およそ説明になっていない。単なるおわび会見だ」と批判。両氏に、公設秘書が選挙区内の有権者に香典を渡した問題などで閣僚を辞任した菅原一秀前経済産業相を加えた3人が政倫審で説明するよう求めた。安住氏は「(安倍晋三首相の)任命責任も含めて予算委員会で徹底的にやる」とも述べ、徹底追及の姿勢を示した。

 安住氏は15日に自民党の森山裕国対委員長と会談し、同党が本人に事情を聴いた上で結果を報告することや、本人による記者会見での説明などを要求。実現しない場合、20日からの通常国会の審議に応じることは難しいとの考えを示していた。【野間口陽】