米空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)の移転候補地として政府が検討している馬毛島(鹿児島県西之表市)について、同市の八板俊輔市長が16日、防衛省を訪問して山本朋広副防衛相と会談した。八板市長は「地元の意向を後回しにして土地の買収を進めるなど、頭越しの対応は遺憾」などと記載した質問書を提出し、回答を求めた。FCLPについての賛否は明言しなかった。

 八板氏は会談で「馬毛島はFCLP以外の活用策がある。市民にもいろんな意見があり丁寧な対応をお願いしたい」と述べた。質問は、土地の買収額の根拠や、島の自然、遺跡保護など4項目で、2月14日までの返答を求めた。FCLPの賛否については会談後、記者団に「軽々に申し上げる状況でない」と述べた。

 馬毛島を巡っては、2019年11月に、防衛省が地権者から約160億円で買収することで大筋合意した。防衛省は1月21日から測量などの現地調査を始め、環境影響評価(アセスメント)などを経て、22年度にも飛行場など関連施設の整備を始める方針。【田辺佑介】