安倍晋三首相は27日の参院予算委員会で、「国会答弁で悪夢のような民主党と答えたことはない」とした自身の23日の発言について、「悪夢のような民主党」とのフレーズをたてに答弁をはぐらかしたことはないとの意味だったと補足した。

 国民民主党の森裕子氏の質問に答えた。首相は「私がさまざまな質問に対し、あたかも中身の答弁をせずに、ただ『悪夢のような民主党』と言ったかのような指摘だったので、『悪夢のような民主党と言って答えなかったことはない』と答えた」と語った。そのうえで「私は国会で何度も悪夢のような民主党政権と言ってきた。その際は経済政策について数字などを交え、質問に対する中身の答弁もした」と強調した。

 首相は23日に「悪夢のような民主党と言って答えなかったことはない」と「悪夢のような民主党と答えたことはない」と2通りの発言をしていた。【小山由宇】