<センター試験>大分の大学でサッカー場火災 試験影響なし

 ◇日本文理大、斜面が燃える

 14日午前10時15分ごろ、大分市の日本文理大で、第2サッカー場の斜面が燃える火事があった。斜面の雑草など約40平方メートルが焼け、約20分後に消えた。大学ではセンター試験が実施されていたが、影響はなかった。

 大分県警大分東署によると、大学関係者が枯れ草を燃やしていたところ、風にあおられて斜面に火が移って燃え広がったという。【西嶋正法】

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

17時18分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索