<霞ケ関カンツリー倶楽部>五輪相が評価 女性も正会員資格

 2020年東京五輪のゴルフ会場、霞ケ関カンツリー倶楽部(埼玉県川越市)が定款の細則を変更して正会員資格を男性限定から女性にも門戸を開放したことを受け、丸川珠代五輪担当相は21日の記者会見で「男女平等に対する懸念はクリアされた」と述べた。

 五輪憲章で女性差別などを禁じている国際オリンピック委員会(IOC)が「重大な懸念を持っている」と指摘したため、丸川氏も同倶楽部に「男女平等の原則は重要」と改善を求めていた。

 丸川氏は伝統的に男性中心の英ゴルフ界も女性への門戸開放が進んでいる状況を挙げて「時代を見据えて決定をされた。世界の潮流をふまえた上での決断と理解している」と同倶楽部の対応を評価した。【松本晃】

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

12時38分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索