<プロ野球>ロッテ井口引退会見一問一答 こだわった走攻守

 日米通算2000安打達成者で、現役最年長野手のロッテ・井口資仁内野手(42)が20日、千葉市内で記者会見し、今季限りでの引退を表明した。会見での一問一答は以下の通り。

 −−思い出は。

 ◆デビューしたときかな。楽しみが大きかった。ただ、まだ振り返るのは早い。シーズンが終わってから。

 −−現役最年長野手として思うことは。

 ◆意識していない。グラウンドに出れば関係ない。

 −−これだけ長くプレーできた理由は。

 ◆野球がまわりの人以上に好きだった。

 −−残りのシーズンでファンに見せたいことは。

 ◆追い続けてきた右方向への打撃が今季は出し切れていない。もう一度強い右への打球を打ちたい。

 −−こだわってきたことは。

 ◆打って、走って、守れてという三拍子。40歳を超えると難しかったけれど。

 −−プロ入り時のダイエー監督だったソフトバンクの王貞治球団会長に相談したか。

 ◆開幕の時に話をした。「残りシーズン、目いっぱいやってくれ」と声をかけられた。

 −−同世代の選手を意識することは。

 ◆同世代より1年でも長く現役を続けたいとは思っていた。交流戦の時に(同じ42歳の現役最年長投手で中日所属の)岩瀬君と「(引退が)そろそろかな」と話をした。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索