<プロ野球>日本ハム・大谷 7割の力でダッシュ

 左太もも裏の肉離れでリハビリ中の日本ハム・大谷翔平投手が20日、札幌ドームで練習を行い、首脳陣が現在の状態を確認した。隣接するサッカー場の天然芝でスパイクをはいてダッシュを繰り返したが、左右の足に筋力差があるため、強度を上げず7割ぐらいの力に抑えているのが現状。ドーム内でのフリー打撃では39スイング中7本をスタンドに運んでいた。

 栗山監督は「1回、こっち(1軍)のコーチに(状態を)見てほしかった。バットを振るのは大丈夫だが走ることがどうか。(復帰について)全然イメージがわかない」と慎重な姿勢を示した。大谷は「早く戻れればいいが、残りのシーズンをしっかりやりたい」と話した。大谷は4月8日のオリックス戦(京セラ)の第1打席、三ゴロで一塁へ走った際に負傷した。【荻野公一】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索