<全米プロゴルフ選手権>松山 6アンダーで2位に後退

 【シャーロット(米ノースカロライナ州)岸本悠】男子ゴルフの今季メジャー最終戦、全米プロ選手権は12日、当地のクウェイルホロー・クラブ(パー71)で、前日に未消化だった第2ラウンドの残りと、第3ラウンドを実施。第2ラウンド首位の松山英樹は、1バーディー、3ボギーの73で回り通算6アンダーで、トップと1打差の2位に後退した。首位はケビン・キズナー(米国)。2位には松山とクリス・ストラウド(米国)が並んだ。

 小平智は四つスコアを伸ばし通算1オーバーで18位に浮上。谷原秀人は通算7オーバーの64位となった。

 松山英樹 違和感を感じていたものが思いきり出ました。今日のプレー内容にすごく不満があって、気持ちは下がりますけれど、(首位と)1打差はテンションが上がりますね。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索