<世界陸上>フェリックス、通算メダル「16」に

 【ロンドン新井隆一】陸上の世界選手権は最終日の13日、女子1600メートルリレーで米国が優勝し、第2走者のアリソン・フェリックスが単独トップの大会通算メダル獲得数を16個に伸ばした。男子走り高跳びはリオデジャネイロ五輪銀メダルのムタズエサ・バルシム(カタール)が2メートル35で初優勝した。

 男子20キロ競歩は藤沢勇(ALSOK)が日本勢最高の1時間20分4秒で11位、高橋英輝(富士通)が1時間20分36秒で14位、松永大介(同)が1時間23分39秒で38位だった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索