<ロッテ>「最後の詰め、やっぱり甘く」伊東監督

 ○西武6−3ロッテ●(13日、ゾゾマリン)

 ロッテの伊東監督が今季限りの退任を明かした直後の一戦。救援の益田が踏ん張り切れずに逆転負けを喫し、伊東監督は「最後の詰めがやっぱり……。これが今季、勝てない原因の一つ」と言った。

 六回に主将・鈴木の適時打で1点を勝ち越して迎えた九回。伊東監督は3番手として益田をマウンドに送った。だが、直球に威力はなく、変化球にもキレがなかった。先頭の浅村に外角寄りの直球を三塁への内野安打とされると、相手の勢いを止められなかった。

 制球も乱れ、その後は栗山の犠飛で追いつかれ、炭谷には真ん中付近へのシンカーを左前打とされて逆転を許した。結局、1死しか取れずに4安打で4点を献上した。

 伊東監督が退任理由とした成績不振について「自分ら(選手)の責任が大きい」と語った選手会長の角中。投打がかみ合わないロッテの現状を改めて露呈し「残りの試合で勝てるように」と話すことしかできなかった。【谷口拓未】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索