<大相撲>立行司が不在、異例の土俵祭 両国国技館

<大相撲>立行司が不在、異例の土俵祭 両国国技館

 大相撲初場所(14日初日)を前に、土俵祭が13日、東京・両国国技館で開かれた。現役最高位の立行司・第40代式守伊之助(58)=宮城野部屋=がセクハラ問題で謹慎中のため、代わって三役格行司の式守勘太夫(高田川部屋)が祭主を務めた。日本相撲協会は同日午後1時から臨時理事会を開き、伊之助の処分の検討を始めた。

 土俵祭の後に行われた優勝額贈呈式には、昨年11月の九州場所で40回目の優勝を果たした白鵬が出席し、毎日新聞社から優勝額が贈られた。昨年9月の秋場所を制した元横綱・日馬富士は貴ノ岩への傷害事件で引退し、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)も代理出席を辞退した。

 贈呈式は東京場所の初日前日に、直前2場所の優勝者を対象に行われる。2010年1月の初場所を制した元横綱・朝青龍は暴行問題で翌月に引退。このため、同5月の夏場所前の贈呈式には、師匠の高砂親方(元大関・朝潮)が代理出席した。【飯山太郎】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索