<IPC>東京パラ予算に「不確実」 組織委が説明へ

 2020年東京パラリンピックの準備状況を確認する国際パラリンピック委員会(IPC)と大会組織委員会の事務折衝が18日、2日間の日程を終えた。東京都内で同日、記者会見したIPCのハビエル・ゴンザレス最高経営責任者(CEO)は、総額1200億円と試算されているパラリンピックの大会経費について「不確実なところがある。確認が必要」と語った。組織委の武藤敏郎事務総長は「アクセシビリティー(競技会場などの利用しやすさ)の予算が確保できているかに関心があると思う」として今後詳細な説明を行う意向を示した。

 またゴンザレスCEOはバリアフリー対応の遅れが課題になっているホテルについて、国土交通省が宿泊施設のバリアフリー基準の見直しを検討し始めたことなどを受け、「ニーズに応えようとしてくれている」と評価した。【高橋秀明】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索