プロ野球ヤクルトの人気マスコット、つば九郎が16日、東京都内の球団事務所で恒例の契約更改交渉に臨み、5000円増の年俸3万円(推定)プラス「ヤクルト400」と清涼飲料水「タフマン」飲み放題でサインした。

 昨季はディナーショーが増えるなど球団に貢献したが、目標としていた山田哲人内野手の年俸5億円(推定)を超えることはできなかった。ラグビーで倒れた相手からボールを奪う「ジャッカル」を引き合いに出し、「(ソフトバンクに移籍した)ばれんてぃんぶんのじゃっかるできず」と残念がった。

 この日は「おまたせしました。ここまでくるのに、つばくろうさいずのがっきけーすがなくて」と日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告を意識したフレーズで登場。今年の目標として「JAPANのますこっとになる」ことを掲げた。

 報道陣からなかなか質問が出ず、「みなさん、おくがわくんでおなかいっぱい?」とけん制したが、つば九郎自身もドラフト1位の奥川恭伸投手(石川・星稜高)に興味津々の様子。「おくがわくんにんきにびんじょうしてもうひとはなさかせたい」と意欲を示した。【中村有花】