日本野球連盟九州地区連盟は11日、北九州市の毎日新聞西部本社で理事会と総会を開き、2020年度の大会日程の報告、19年度のベストナイン表彰などを行った。

 20年度は東京五輪・パラリンピックの影響で、都市対抗と日本選手権の開催時期が入れ替わる。日本選手権(7月2〜15日、京セラドーム大阪など)の九州地区予選は5月26日から5日間、福岡・久留米市野球場と小郡市野球場で行う。都市対抗(11月22日から12日間、東京ドーム)の九州地区予選は宮崎県内で実施し、日程は調整中。記念大会だった昨年より一つ少ない二つの代表枠を争う。

 全日本クラブ選手権(5月25日から4日間、埼玉・メットライフドーム)の予選は4月25日から2日間、佐賀・みどりの森県営球場と佐賀ブルースタジアムで実施する。【野村和史】

 ◇ベストナイン

①部門②選手名③所属④回数

①投手②山田義貴③西部ガス④初

①捕手②国師滉史郎③宮崎梅田学園④初

①一塁手②堤喜昭③宮崎梅田学園④初

①二塁手②知念佑哉③沖縄電力④初

①三塁手②井手隼斗③西部ガス④初

①遊撃手②田場亮平③沖縄電力④3

①外野手②池田幸樹③JR九州④初

①外野手②岩切貴弘③JR九州④2

①外野手②中武亮③宮崎梅田学園④2

DH、該当者なし

新人賞 萌抜哲哉 JR九州

 ◇JABA各大会の九州の出場チーム

(日付は開幕日、徳山スポニチを除いて優勝チームは日本選手権の出場権獲得)

 ▽九州大会(5月7日、北九州市民ほか)JR九州、西部ガス、沖データコンピュータ教育学院、ホンダ熊本、宮崎梅田学園、熊本ゴールデンラークス、沖縄電力▽東京スポニチ(3月12日、神宮ほか)沖縄電力▽静岡大会(4月3日、浜松ほか)沖データコンピュータ教育学院▽四国大会(4月4日、徳島・オロナミンCほか)JR九州、熊本ゴールデンラークス、沖縄電力▽岡山大会(4月15日、マスカットほか)西部ガス、ホンダ熊本▽日立市長杯(4月17日、茨城・日立市民ほか)九州三菱自動車▽京都大会(4月25日、わかさ京都ほか)宮崎梅田学園▽徳山スポニチ(4月3日、山口・津田恒実メモリアル)エナジック