<シリア>領内全域でIS壊滅 露国防相が報告

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアのショイグ国防相は6日、プーチン大統領に対し、シリア領内全域で過激派組織「イスラム国」(IS)を壊滅し、「シリア領が解放された」と報告した。プーチン大統領が記者団に明らかにした。

 プーチン氏は同日、「一部の残党の抵抗は残るかもしれないが、テロリスト壊滅という完全な勝利により、軍事作戦は終了した」と述べ、勝利と軍事作戦終結を宣言した。また「次のステップは政治プロセスだ」と述べ、アサド政権と幅広い反体制派の代表を集めた「国民対話会議」を開催し、大統領選挙や議会選挙の実施を目指す考えを示した。

 ロシアは2015年9月末からシリアで大規模な空爆作戦を展開してきた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索