<南アフリカ>H&M広告で暴動に 休業店舗も

<南アフリカ>H&M広告で暴動に 休業店舗も

 【ヨハネスブルク小泉大士】スウェーデンの衣料品大手H&Mが「ジャングルで最もかっこいいサル」と記されたパーカを黒人少年のモデルに着用させ広告ウェブサイトに掲載していたことが今月上旬に発覚し、南アフリカでは13日、左翼野党が行った抗議行動の参加者が暴徒化し、ヨハネスブルク市内の店舗などが休業に追い込まれた。

 問題の広告は、英国版サイトのオンラインストアの新年セールとして発信され、8日ごろからソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でカナダの歌手や米国のプロバスケットボール選手らが批判。H&Mは9日、パーカのデザインや掲載した写真を削除し、「不快な思いをしたすべての人におわびする」と謝罪した。

 これを受け、南アフリカの野党「経済的解放の闘士」(EFF)が13日、都市部の複数のH&M店舗に対し、数十人規模で押しかけ抗議。首都プレトリアの大型ショッピングモールでは、店内に侵入した党員が陳列中の衣類を床にまき散らしたり、試着室の鏡などを壊したりした。ヨハネスブルクの高級モール内の店舗でもマネキン人形を倒すなどして暴れ、警官と小競り合いになった。地元紙によると、騒ぎを鎮圧するために警官がゴム弾を使用した店舗もあったという。

 ジュリアス・マレマ党首は「黒人の尊厳を踏みにじることは許されない。謝罪するつもりはない」と語った。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索