<東シナ海>北朝鮮船籍タンカーが瀬取りか 制裁逃れの疑い

<東シナ海>北朝鮮船籍タンカーが瀬取りか 制裁逃れの疑い

 政府は14日夜、東シナ海の公海上で、北朝鮮船籍のタンカーがベリーズ船籍のタンカーに横付けしている現場を確認したと発表した。北朝鮮に対する国連安全保障理事会の決議で禁止された物資を積み替えていた疑いが強いとみている。

 海上自衛隊のP3C哨戒機が13日未明に確認した。現場海域は、中国・上海の東約250キロの沖合。すでに、国連安保理制裁委員会に報告し、米国など関係国にも情報を提供した。洋上で貨物を積み替える形で制裁を逃れる行為は「瀬取り」と呼ばれている。

 政府は先月20日にも、東シナ海の公海上で北朝鮮船籍のタンカーとドミニカ船籍のタンカーによる積み荷の受け渡しを確認している。【仙石恭】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

毎日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索